海外移住への考え

 

潟Eォースペイント・プレシャスライフ事業部
海外滞在への考え方

プレシャスライフweb TOPへ
セカンドライフ理念
お申込までの流れ フロー
体験ツアー
無料セミナー
長期滞在プラン
ウォースペイント潟vレシャスライフ事業部
お気軽にお問合せください。

フィリピン政府観光省
フィリピン政府観光省

フィリピン暮らしの情報館 e-am.net
e-amoネット

フィリピン航空
フィリピン航空

地球の歩き方
地球の歩き方 フィリピン

成田国際空港
成田国際空港

外務省
外務省

 

 〜PRECIOUS LIFE〜
    かけがえのない・価値のある生活

 「何故フィリピンなのか?」とよく尋ねられます。海外ロングステイをお考えの方々のほとんどがオーストラリアや、カナダの移住をご希望されていると、雑誌などの統計にも出ています。

 …が、移住されている方の多くは、東南アジアへの移住を決めている方が多いのも事実です。ここ数年

 
『安・近・暖』

のキーワードをよく耳にするようになりました。やはり、この内容は住まうという事に非常に密接で、重要なことだからだと思います。

 ロングステイや移住と簡単に言いますが、実際、日本を離れるという事は考え難く、難しい問題であることも十分に理解しています。その上で、上記の"近い"というキーワードはとても重要になります。 フライト時間、約3時間半。時差わずか1時間にあるフィリピン。この距離は、馴れてしまえば海外という事を感じさせなくなる距離です。

 しかしながら、我々日本人がもつフィリピンへのイメージは決して良いイメージではありません。ですが、一度現地をみていただければ解ります。海外の方が、"日本人=チョンマゲ・ハラキリ"というイメージが出来上がっているのと同じで、マニラ周辺の都市は近代的な街並みで、私も最初はビックリしました。

 "安い"というキーワードも、ただ生活費を下げるという考えだけではありません。セカンドライフでの幅というか、いままで出来なかったことや、興味のあることに挑戦しながら楽しく生活を送るキーワードでもあります。

 私達は、永住だけを薦めません。ショートステイ、ロングステイや、年に数度の短期滞在と、皆様にあったプランを
皆様と共に考えていきます。そのうえで、私達の考えが、少しでも皆様の"プレシャスライフ"のお役に立てればと考えています。


潟Eォースペイント プレシャスライフ事業部一同


会社概要個人情報保護免責事項著作権についてリンクについて

外務省海外安全ホームページ英会話のNOVA潟Eォースペイント海外移住者の国民年金JTBの海外旅行
Yahoo!JapanGoogle警視庁海外格安航空券フィリピン料理レストラン